湧水のふわふわかき氷をヤマキ醸造の直売・喫茶「麹庵」で

先日埼玉県の神川町を訪れて「ハンバーグ康」でお昼ごはんを食べた翌日、お醤油で有名なヤマキ醸造の本社に併設されている直売・喫茶「麹庵」へ行きました。

こちら直売所の方では、味噌・醤油・豆腐などこだわりの商品がたくさん販売されています。そしてその奥にあるのが喫茶コーナー。

お目当ては、湧水のかき氷です!

地元の銘水、秩父山系城峯山から湧き出る「神泉水」の氷で作られたふわふわかき氷と、自家製シロップがおすすめとのこと。

とても楽しみです!

ただ迷うのがどのかき氷にするか。。これは本当に悩みところです。

メニューを一緒に見て下さいね。

どれがいいと思いましたか?

私は宇治金時と、ベリーさんにしました。
(グル夫が好きなの2つ選んでいいよと言ってくれたので、一応1つはグル夫用です)

フルーツ甘酒と味噌キャラメルも気になりましたが、来店は1度キリになりそうなので冒険できず。
間違いなさそうな2つにしてみました。

待っている間、美しい庭園を眺めて、ほっと一息。

12時前に行ったのもあって、日曜日なのにお店は空いていてのんびりできます。

この近くには長瀞の超有名かき氷店「阿左美冷蔵」もありますが、何時間も並ぶよりこちらでゆっくりいただく方が良いと思い、麹庵を訪れたのが大正解でした。

そして、来ましたー。まずは「宇治金時」です。

大きくて嬉しい!

シロップは自分でかけるタイプですね。量はあまりそうなくらいたっぷり。

1つは宇治抹茶。1つは豆乳ミルクです。

氷はふわっふわでとても綺麗です。

抹茶をかけたところ。まだシロップは半分以上残ってます。

お味の方は、抹茶の味がすごーく濃くて氷の味もおいしい!

豆乳ミルクは甘さ控えめで、抹茶によく合います。

甘い金時がアクセントになって、非常に上品な大人の味ですね~。

そしてもう1つが「ベリーさん+ミルク」です。

シロップは、地元のやよいひめをベースに、ブルーベリー、ラズベリーを使ったシロップ。
そして豆乳ミルクです。

氷の中にブルーベリーが入っていて、シロップの中にも果肉が入っています。

ん~~おいしい!

この手作り感もあるシロップたまりませんね。贅沢だなぁ~と思います。

ベリーのフルーティーな甘酸っぱさと、豆乳ミルクのまろやかさがこちらもよく合います。

素材の良さが感じられる爽やかな味ですね。

そしてやっぱり氷がおいしいのは湧き水のおいしさでしょうか。

 

宇治金時は苦みが効いていて、ベリーさんはさっぱり。

氷はふわふわだし、豆乳ミルクも甘さ控えめでサラッとしてるので、軽い軽い♪

調子に乗ってグル夫をはるかに上回る勢いで、グル美が2つともガブガブ食べてしまいました。

練乳がどっぷりかかったのも好きですが、甘さを抑えた豆乳ミルクなら罪悪感も少ないですね。

体にも良さそうだと思いました。

 

その他のメニューもあったので載せておきます。

かき氷をいただいたあとは、隣のお店の方で、お豆腐や湯葉など、いろいろ買って帰りました。
写真を撮ってませんが、冷奴で食べたお豆腐がとてもおいしかったです。
この辺りを訪れた時には寄った方がいいお店だと思います。

糀庵 (こうじあん)
0274-52-7000
埼玉県児玉郡神川町大字阿久原955

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク